2019年04月07日

週末は芦屋桜。花見帰郷。

たまたま週末予定がなく、故郷の桜が満開になりそうだったので、久しぶりに桜を撮り歩こうと考え帰郷した。

写真集にまとめた「一年後の桜」「芦屋桜」はハッセルにモノクロフィルムを入れて撮影に没頭してきたけど、愛用のフィルムが製造販売中止となり、これからの作品づくりをどうするかを思案している最中だったので、気楽に撮っていろいろ試してみようと考え、デジタル一眼でカラースクエアで撮ることにした。スクエアの画角はウエストレベルのビューファインダーで覗くことになれていて、モニターで見るのは慣れず最後までしっくりこなかったけど、こんな表現もありかなと感じる2日間だった。

やはり「芦屋桜」で撮った桜が気になり消息を確かめるために撮ったものも多かったけど、桜を撮り歩くことを口実に故郷をくまなく歩き自分を確かめる時間でもあったように思う。桜に誘われるままに歩き回った2日間。

桜は故郷で見るに限ると感じた。桜が忘れてはいけないことを思い出させてくれる気がしたのだ。歩く街並みは今だけど、自分自身は過去に帰っていく感覚。久しぶりに会えた旧友夫妻との人生を語り合う夜。母との墓参りは墓前で語り合う午後。自分のルーツに立ち返り、これからを考える時間を桜が仕立ててくれた。

母と眺めた芦屋霊園の桜は天国の風景だったように感じた。彼岸と違い誰もいない敷地で、先人たちが静かに花見をしているところにおじゃまをしているような空気感だった。

この季節はできるだけ芦屋で過ごしたい。そして次なる芦屋を撮る作品を楽しみながら模索してみたいと思う。

0J6A7855s20.jpg
芦屋川の定番風景

0J6A8122r-20s20.jpg
震災で被災した桜も今は伸び伸び

0J6A8257r20s20.jpg
実家の前は桜の観光地となっていたので夜桜を楽しんだ

0J6A8456r20s20.jpg
芦屋霊園の桜






posted by 川廷昌弘 at 22:06| Comment(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。