2017年05月19日

ただものではない「海北友松」という絵師の人生を観た

Facebookのタイムラインで目に飛び込んだ京都国立博物館の開館120周年記念特別展覧会。最後の土日は混雑すると思い、たまたま今日の予定を見たら新横浜で15時に終わるので、思い立ったが吉日&勝手にプレミアムフライデーにして、自己表現を追求する姿を学ぶために新幹線に飛び乗った。

海北友松。恥かしながら知らなかった。観たこともなかった。武家に生まれ桃山の世に絵師として83歳まで生きた。狩野派から独立して60歳を越えてからの作品だけが展示されている。

IMG_3892.JPG

晴れ舞台を得た60代、体力の充実と気力に満ちた70代、豊かな詩情を表現した80代。現代ならまだしも信長が人生50年を謳った戦国時代にこの寿命。今を生きる者にとって最高の手本であり心の師匠である。

狩野派とは違う独特で自由な筆使いによる松。画面への取り入れ方とその描き方に激しく刺激を受ける。重要文化財の「雲龍図」も龍が松を描いているように見える。

IMG_3949.JPG

それにしても、これだけの作品をいつ頃から作品として扱い保存を目的としたのだろう。その判断をした人は誰だったのだろう。とても神経が行き渡った展示会場を見てつくづくと思う。これだけの近代技術に守られている作品は、これまでどのようにして守られ展覧されてきたのだろう。

京都国立博物館の平成知新館は、とてもゆとりある設計で大きな作品が堪能でき、1回目は丁寧に全てを見て回り、再入場の2回目は、気になった作品をじっくり見直したり階段から吹き抜けの展示場を見下ろしたりして、友松の世界を網膜に焼付けた。京都の金曜20時までの観覧は、予想通り東京と違い全く混雑することなくしげしげと自分のペースで全ての作品を眺めた。

IMG_3950.JPG

今のような多くの肩書きなど欲しくなく、ただ一つの写真家として生きたい僕の背中を押してくれる。まだまだ焦ることはなく、来るべき日々のために毎日を積み重ね強い精神と体力を得ることだと、会場全体から見下ろしてくれているように感じる。

僕の表現したい世界である「松韻」。これをとにかくコツコツと続ける。今日の刺激を生涯忘れることなく自分ならではの世界を構築する。誰に振り返られなくとも自分の表現を信じて続ける。

勇気をもらったと言うより、何を焦っているのかと叱責された。己を知り己を磨けと言われた。まだお前なんか見えていないから、何度でも立ち止まり考え直しやり直しても大丈夫だぞと、実は優しく言ってもらったように思う。

IMG_3951.JPG

建物を出ると、1年で最も日が長い季節に近づき気温も高く爽やかな夕暮れ。カフェの外の席で抹茶オーレを注文して日が暮れるまで座っていた。カタログで眺めるのではなく、展示空間で体で観なければきっと一生後悔すると思った。京都国立博物館に滞在したのは17時半から20時。このためだけに京都に行った。自分への投資。とても幸せな時間だった。

IMG_3961.JPG

IMG_3966.JPG

posted by 川廷昌弘 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック