2018年08月20日

「自然」という幻想

「自然」という幻想ー多自然ガーデニングによる新しい自然保護ーを読んだ。
あくまでも個人的な感想文として記します。

僕は、コミュニケーション会社に勤務する人間として、環境問題を地球温暖化から入門し、続いて生物多様性という概念を知り、それを俯瞰して人間の生活基盤でもある日本らしい自然共生社会への理解を普及啓発する活動に取り組んできた。それをベースにSDGsにも取り組んでいる。そんな活動の中で日本における外来種の基準となる時期を訪ねても周辺にいる人で明快に答えてくれる人はいなかった。

湘南に新居を建設する際に、猫の額程度の庭だけど高麗芝・浜木綿・黒松を植えたいと考えた。芝生は、実家の庭でおじいちゃんがいつも草抜きして、芝刈り機のガラガラという音が懐かしく、裸足でチクチクとした感触が嬉しくて遊んだ経験が忘れられない。浜木綿も実家にあり、最初に建てた鵠沼海岸の庭にその球根を植えたら成長してたくさんの球根ができたので、3代目となる苗を植えることがミッションと感じていた。そして、この地域の景観を支える黒松を我が家にも植えることで景観の連続性の一助になればと考えた。僕にとって原体験であり原風景であり記憶の庭の世界。そんな話をある人たちにしたら、芝生は外来種だからダメだ言われたことがある。

生物多様性という概念を伝える活動をしていると、日本では人の手がどこまでも入っていることに気づく。そして、ある時にこの活動のゴールは、目指すべき姿はなんだろうと当たり前のことに気づいた時に、多くの人が熱心に取り組む自然保護の話にゴールの姿が見えず、むしろ精神論に思えて、国や企業の助成金は何を目的にしているのか、とても責任が重いと改めて思い始めていた。

そんな出口の見えない状況の中で、僕に新しい考えを授けてくれた人が2人いる。一人は林業家の速水亨さん。「林業家は森とは言わず山という。山では魑魅魍魎が跋扈し八百万の神がおわす。生物多様性だけでなく万物多様性が育まれる。」生態系サービスを生業としている人の言葉には血と肉があり目的もゴールも明確だった。そしてもう一人が岸由二さん。慶応大学名誉教授だが、生涯を自分の生まれ育った流域を俯瞰して行動する人であり、その経験から生まれ出た「流域思考」という言葉は、自然共生社会を構築する都市インフラもデザインすることができるものだった。気候変動の適応策という言葉も後付けに聞こえるほど理にかなった思考だと感じた。お二人とも人間の営みそのものとして「自然」を語っている。僕には教科書だった。

そんなことを知ってから南三陸の人々に出会った。林業家、製材業、漁師、自然教育などを生業とする人たちは、生物多様性の保全は生業で実践する哲学者だった。地域にはそんな知恵が生業が当たり前に存在しているが、例えば2005年の国勢調査の数字で見ると15歳以上就業者数(6,151万人)の中で第一次産業従事者は315万人で5.1%と、都市生活者が圧倒的に多い今の日本社会で生業を通して自然を守ることを考えることは難しく、暮らしと自然、さらに自然保護活動はつながりにくいのは仕方がないようにも思っている。僕自身も曽祖父、祖父、父と4代目の都市生活者である。

さて、本題に入るが、岸由二さんが、小宮繁さんという方と翻訳した本が届いた。小宮さんはステージャの「10万年の未来地球史」という本を訳した人で個人的に気になっていた。読めば読むほどに痛快なほど腹落ちしていく。モヤモヤ感を吹き飛ばしてくれる大胆に断定的にストーリーは進んでいく。このスケール感、ダイナミズム、地球のサイクルで「自然」を語ってくれることで、ようやく理解が行き届く。

常に「自然」は変遷しており、どのような状況にも適応していく進化をしている。特にこの日本列島に住んできた先祖たちは身をもって知っていたはずだ。山や海が暴れて暮らしを脅かされ、「自然」に対する畏敬の念を抱きながら、それでもこの列島で「自然」と共に生きてきた。どんな状況にも適応する本当の強さである「しなやかさ」を身につけてきた。これを英語では「レジリエンス」と言うのだと思う。ところが今の日本社会は、この「レジリエンス」を「強靭さ」と訳す。いつからこんな浅はかな感覚を身につけてしまったのか。よほど、この著者であるエマ・マリスの方が「しなやかさ」を理解している。

この本は西洋文化の中で育まれた議論ではあるが、日本で自然保護を生業にしている人にこそ素直に読んで欲しいと思う。これを読んで日本における自然保護の向かうべき道筋を本気で考えて、地域経済が循環する社会をデザインして欲しいと願う。

SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」は、タイトルが「私たちの世界を変革する持続可能な開発のための2030アジェンダ」であり、「このアジェンダは地球と人間と繁栄のための行動計画」だと前文の冒頭に書かれている。そして、「我々はこの共同の旅路に乗り出すにあたり、誰一人取り残されないことを誓う。」と言い、「この目標とターゲットは統合された不可分のものであり持続可能な開発の3側面である経済・社会・環境を調和させるもの」だと言い切っている。「自然」は、「経済」と「社会」との調和なしに取り組めないのだ。

この本でポイントに感じた部分を抜粋すると、

===

〜〜生態学や自然保護運動はなぜ人間を排除したのか。有史前に生じた人間由来の環境変化を示す証拠が発見されたのが比較的最近だったことと、人間とその仕業から逃れるためにウィルダネスを目指す傾向があり、その結果、自然の概念と無住のウィルダネスという概念が結びついたため〜〜

〜〜作家ビル・マッキベンは「自然の終焉」で、「自然の定義=人間社会からの分離」とし、「私たちに唯一できるのは、放置してさらに悪化させるよりは、悪化の程度を抑えることだけである」〜〜

〜〜新しい生態系(novel ecosystem)=外来種が支配する生態系。移動と進化と新たな生態的関係の形成に忙しいのは世界中の外来種、蔑視される今日の侵入者たちにも、未来の生態系のキーストーン種となる可能性は十分にある〜〜

そして、岸さんのあとがきからも気になった部分を抜粋すると、

〜〜マリスが重視するのは「価値ある自然」「保護されるべき自然」と人々が了解する領域をめぐるビジョンの転換。「手つかずの自然」こそ価値ありとされた伝統的なビジョンの中の「自然」は、今となっては「幻想」だと自覚せざるを得なくなった。(中略)今や「自然」はすべての人の干渉・管理のもとにある「ガーデン」となった〜〜

〜〜賑わう生きものに優しく、生態系サービスが機能し、過大なコストを避けられるなら、自然保護の目標は多様でいい。代理種を利用して過去の生態系の模倣を目指す、温暖化の速度に適応できない種の管理移転を進める、在来種の厳正保全のために外来種を徹底的に排除する方式も局所的にはあっていい〜〜

「自然」という幻想ー多自然ガーデニングによる新しい自然保護ーより。
===

岸さんのあとがきによると、このエマ・マリスは、「新しい自然のビジョンを丹念な取材に基づいて紹介し続ける新時代の卓越した環境ライター」とある。この本を日本に紹介してくれた岸さんに改めて感謝をお伝えしたい。

現代ならではの自然保護、SDGs時代の自然保護を多くの人と考えていけたら嬉しいです。ぜひ読んでみてください。スカッとしますから。

IMG_6446.JPG
posted by 川廷昌弘 at 22:49| Comment(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

東北の海岸林8 それぞれの入江

2013年から断続的に続けている車中泊で巡る東北の海岸線。震災から7年が経ち各所の景観が大きく変化してきており、今回はどうしても撮影が手薄だった岩手県沿岸を確かめたくて夏休みを利用して向かうことにした。今回で8回目。そろそろこのシリーズの構成が見えてくる。

8月9日、初日。

台風13号が銚子沖を北上する頃、小雨の自宅を出て東京駅に向かいはやぶさで晴天の盛岡へ。

レンタカーに乗り宮古市へ。山道で曇天から激しい雨に。googleマップで見つけていた宮古市の海岸に到着。巨大防潮堤を見下ろす印象的な赤松。一気に「海岸林の記憶」へとスイッチが入る。

0J6A7602.jpg

ルートイン宮古周辺で松のあるいい感じの風景を見つけたが雨のためやり過ごし重茂半島の漁港を目指す。魹ヶ崎に向かう道に逸れてみると漁港の目の前に姉吉キャンプ場を発見。ここは堤防もなくキャンプ場から船着場が見える。石浜漁港まで向かい松が港を見下ろすアングルを発見し納得の撮影。この姉吉地区はとても細い入江の奥、海から離れた高台に集落がある。先人の知恵を感じる。

0J6A7620.jpg

キャンプ場の駐車場で車中泊。21時には就寝。盛岡に着いてからは日中の気温が20度を超える程度で全く汗をかかない1日だった。今日から二泊三日の車中泊。岩手県の海岸線を撮影する。松のある風景に出会う旅。台風13号が追いついて来たようだ。

0J6A7629.jpg


8月10日、2日目。

かなり寝たと思って時計を見たら24時。その後何度か目覚めて4時半には自然に起床。ひぐらしの合唱、雨上がりの朝。

宮古市内に戻る途中、赤前地区では道路のすぐ横に海が迫っている。ある地域では道路を守るようにしか見えない巨大防潮堤も見てきただけに、この風景が維持されることを祈りつつ気持ちの良いドライブ。

0J6A7645.jpg

その後はコンクリートに囲まれつつある山田湾では国道45号線沿いに松。そして良い波が寄せていて数人のサーファーが浮かぶ浪板海岸でシンボリックな赤松を撮影。

0J6A7695.jpg

大槌町内に入ってびっくりしたのはJRが復旧していること。2015年に来た際は橋脚だけを残し津波遺構のようになっていたので余計に驚いた。ここまで出来るのかと感動した。まだ開通していないが復活の日は近そう。鉄路の復興はとても勇気付けられる風景だ。これを見るとやはりBRTにシフトした地域を個人的に残念に思うのだ。

0J6A7700.jpg

根浜海岸に行き特徴的なアングルをトライ。ここは松並木越しに今も海が見える。次に釜石湾の泉海水浴場を目指すが使われていないような旧道の先は私有地で入れず。釜石観音を見上げる埠頭で撮影。先を急いでいると、測量石という記述に惹かれて脇道にそれてみると小さな集落の小さな入り江にも巨大防潮堤。しかしよく見たらその手前に、二股になった1本の松が立っていた。撮影していると通りすがりの老人に話しかけられ聞いてみると、津波後にここに20-30本の松が残ったが、市と県の行き違いなのか50軒ほどあった集落の瓦礫の仮置き場にするために1本を除いて伐採してしまった。この松は、80年ほど前に地域の住民が入り江の反対側に植林するために背負っていった苗木の残りを植えたものだそうだ。なんとも言えない気持ちで思いを込めて撮影。そして測量石とは伊能忠敬ゆかりのものだった。

0J6A7805.jpg

さらに南下し吉浜海水浴場に至る。湾の左岸に松の防砂林が広がる。吉浜地区もかなり津波にのまれたところだが、過去の津波の経験から高台に集落を移した地区で奇跡の集落。砂浜の背景にあった松林は全て流されたようだが、砂浜の横に広がる松林は津波に沿うような地形のため被害がさほどなかったようだ。きれいな公衆トイレが新設されており今日はここで車中泊。夕暮れ時に土砂降りとなり日没までに上がる。

0J6A7876.jpg

今日は地図とにらめっこしながら南下。思いがけず多数の松との出会いがあった。宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市と巡り、終日気温は22度程度でTシャツでは肌寒いぐらい涼しく快適。

8月11日、3日目。

星空を見上げて眠りについたはずなのに、無茶苦茶に車の屋根を叩きまくる豪雨が2回あり目が覚める。4時半に目覚めると雲間から朝日が差し込んできた。

0J6A7915.jpg

5時過ぎに動き始め、この三陸町吉浜で朝日が劇的な松林に魅せられてしまいすっかり足止め。それにしてもこの地区は魅力的な地形の集落。海岸からの低地は田んぼが広がり、自然の丘陵と思われる地形で一段上がったところから集落が広がり味わい深い建物が並ぶ。そして集落の中心にある一本松はロータリーのような役割を担っている。なかなか去りがたく行ったり来たり。ここも先人というか賢人の集落。

0J6A7966.jpg

次は一つ南の越喜来湾にある浪板海水浴場はひなびた感を満喫。「恋し浜」の名前につられて駅を撮影。次の南の綾里湾にある綾里海水浴場に立ち寄ったが被写体はなく、次に何となく気になって降りていった小路漁港はちょっとした秘境感のある眺めだった。その後は一気に陸前高田に向かったが、大船渡周辺はコンクリートの壁が立ち並び海が見えない風景が圧倒的に増えたように感じる。

0J6A8017.jpg

0J6A8042.jpg

さて、広田町の只出漁港に着いた。ここは2015年5月に来た時は漁港の横に小高い松林があって石碑が残っていた。今の気持ちでどんな写真が撮れるか確かめに行ってみたのだった。すると漁港全体を巨大防潮堤で囲む工事が進んでおり、小高い松林は跡形もなくなっていた。愕然とした。かなりのショックだ。住民の意思で決まったことだと信じて諦めるしかないなと思って今の殺風景を眺めて後にした。

0J6A8088.jpg

広田町の大野海岸は巨大防潮堤に遮られた砂浜には海水浴客でいっぱい、防潮堤の内側を走る道路に沿う駐車場もいっぱいで興ざめ。久保地区などを見た後、新しい道路から松並木のある浜が眼下に飛び込んできた。迷わず向かうと石浜キャンプ場とある。津波にのまれる前は松原が広がっていたようだが今は数本が並んでいるのがなんともいい味を出している。その数本から松韻が聞こえてきた。しばし木陰で佇む。この浜は震災前の堤防のままで海が間近に見える。やはり味わい深い。

0J6A8214.jpg

いつまでも残りたい気持ちを抱きつつ隣の鳶の巣に行くと小さな砂浜にいくつかの家族連れが海水浴。ここには堤防すらない。穴場のようで微笑ましくなんだか懐かしい。先を急ぐと再び集落の先に松並木が見える。向かってみると本当に小さな長船崎という集落に堤防のない小さな船着場がある。集落の家も木枠の古い家。時間が止まったような場所だ。例えばこの地に生まれていたらどんな人生だったのだろうと思う。人の生とは不思議なり。

0J6A8256.jpg

さて、時計を見るとまだ時間に余裕があると判断し唐桑半島を撮影することにして一気に向かう。早速、石浜という船着場の前に佇む立ち枯れた松を撮る。次に津本という集落の漁港では巨大防潮堤の向こうにある船着場に打ち上げられた松の枯れ木を撮る。そして最南端の御崎まで行き、北上すると立ち枯れた松がとにかく目につく。神の倉あたりで撮影し堤防すらない欠浜で一休み。まだ時間が少しあるので巨釜半造にいたる。圧倒的に立ち枯れた松、松、松。印象的な1本を撮って気分的にも今回の撮影を終了。唐桑は海岸に松が多いのか、とにかく立ち枯れた松がいたるところで目に入ってきた。

0J6A8266.jpg

今日は大船渡市、陸前高田市、気仙沼市の唐桑と走り抜けた。

リアス式海岸の地形を活用した船着場や海水浴場の数々が印象深い。その背後に広がる集落も地形に応じて規模が違い見ていて飽きない。巨大防潮堤を悔しく思う入り江もあれば、堤防すらない入り江もある。一つ一つの入り江に住民の意思があり風景が成立しているのだと感じる。もっと一つ一つの集落を丁寧に旅したいと思えるそんな1日だった。そして、唐桑から一ノ関まで意外と近く1時間ほどで着くと知り、朝5時から夕方まで12時間以上の撮影時間を得て粘ることができたのも良かった。

それと何と言っても日差しが強くなっても気温25度。風は涼しく湿度も低く気持ち良く、朝夕は22度と快適な夏の1日でもあった。

0J6A8304.jpg

===

いよいよ姿を現し始めた巨大防潮堤を各地で見て思うことは、やはり設計する土木工学を学んだ人たちが、日本人の風景観をしっかりと学び、自分が設計する土地の歴史、風土、民族を知った上で仕事をするべきだと思う。もちろん現場をくまなく歩くのは当然。

政府がどうした県知事がどうしたではなく、根本原因を正していかなければいつまでもこの間違いを繰り返すように思う。地域の住民の年齢層や地形によっては本当に巨大防潮堤が必要な場合もあるかもしれない。その判断は素人の僕にはできない。でも、その土地の地形や風土にあったデザインというものがあると思うのだ。それは設計する人間のバランス感覚、センス、才能に頼るしかない。この人材育成が最も必要。その上で地域での合意形成のあり方が問われるのだと思う。

暮らしの基盤を失った直後にこの議論を行うことの困難さ。ある地域では防潮堤と高台移転がセットで考えることになっていると言われたりしていた。住民が心理戦に追い込まれているように感じた。まずは暮らしの基盤を整理してからまちづくりの話として防潮堤の議論をしていく手順があっても良いのではないかとも思うなど、いろいろ検証することができるはずだ。

今回は3日間だけの旅だったけど、やはり7年の歳月で入江ごとの景観に大きな違いが見え始め、自分の目でもその変化を確認し体験することで観察者から一歩前進し感情移入でき、何かを得たような気がする。

文中に記した「堤防」とは、津波以前からある暮らしと共存してきたコンクリートによる造作物。「巨大防潮堤」とは、津波後に、次々と立ち上がっているL1規模を基本としつつ地形やまちづくりなど地域の状況に応じて高さを決定すると言われているコンクリートによる造作物。

参考:「海岸をめぐる現状と課題」(日本海岸協会の資料)

この資料によると、岩手・宮城・福島の3県で災害復興実施箇所は563海岸あり、そのうち防潮堤の高さで議論のある地区は9地区海岸で全体の2%となっている。

===

さて、今回は、メインのハッセルブラッドで12枚撮りのフィルムを13本の156カットはまずまずの量。デジタルカラーはCANON EOS5 Mark IIIで596カットと雨だったので少なめ。ハッセルの確認用にCANONのデジカメでモノクロスクエアで記録。そしてFacebook用にiPhoneでも撮影。4つの機材を持ってあっちフラフラ、こっちフラフラ。フジフイルムが秋にモノクロフィルムの製造を終了することを踏まえ、このシリーズをまとめなければとプレッシャーもあり、また今後の撮影スタイルも考えねばと思いつつ、何となく不便が楽しいというか、勝手なこだわりでできたスタイルを楽しいと思うところもあり悩ましいです。

posted by 川廷昌弘 at 17:23| Comment(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする