2017年06月18日

写真の天使

めぐみの雨の日曜日。久しぶりに暗室ワーク。

先週の日曜日、僕の誕生日に10年ぶりぐらいに娘たちをハッセルブラッドでも撮影したので早速プリントしてみた。

現像液に浸して浮かび上がってくる2人は、毎日のように撮影していたあの頃がそのまま続いているかのように写っているのだが、それぞれ大学に通い就活をして、長女は社会人1年目、次女は内定、とぐっと大人になっているから歳月は確かに刻んでいる。

撮影の時、露出計をかざしてファインダーを覗き込むと、すっと2人ポーズをとってくれてサッとシャッターが切れていたことを、浮かび上がってきた2人を見て思い出した。

撮る方も撮られる方も呼吸を合わせることが自然にできるようになっていたようで、10年の時間をスッと越えることができた。

思い返せば、生まれた時から離れて暮らすまで、赤ちゃんの頃は毎日のようにカメラを向けていたし、小学校を卒業した後も気がついたらカメラを向けていたように思う。会話をするように撮影をしていたんだろうなと思い返す。

娘たちに限らず、海や山などいろんな撮影で、ファインダーに集中して撮影して仕上がりを見ると、こんな絶妙なタイミングのシャッターを切っていたっけ?と思い返すような抜群の写真があったり、自分の想像を超えたシャッターチャンスに巡り合って興奮しながら撮影することがある。

それを、「写真の神様」が撮らせてくれたと感謝しているのだが、娘たちは僕にイマジネーションやチャンスを与えてくれる「写真の天使」だったのだと今になって気付かされる。

娘たちはこの世の誰よりもたくさん写真を撮ったモデル。

僕が写真の腕を上げるために、娘たちはなくてはならい存在だったのだ。改めて感謝が深まる。なかなか揃っては会えないが、これからも何とか機会を作って撮れたら嬉しいなと思う。

IMG_4400.jpg
posted by 川廷昌弘 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする