2011年12月16日

森と木を活かした日本の暮らし

エコプロダクツ展2011の2日目、環境コミュニケーションステージに登壇しました。タイトルは少し長いのですが「国連生物多様性の10年&国際森林年、森と木を活かした日本の暮らし〜東北復興グリーンウェイブ〜」です。

このステージ、なんとアフメド・ジョグラフ生物多様性条約事務局長とご一緒にお話するという事になり、非常に光栄でありつつ緊張にも程があると思いながらこの日を迎えました。司会の丹羽順子さんからマイクを受け「生物多様性と子どもの森キャンペーン実行委員会の委員長として登壇して、清水英二さん(子どもの森づくり推進ネットワーク代表)、大塚玲奈さん(エコトワザ代表)のお二人のお話から、ジョグラフさんへのメッセージを導き出すというなかなか難易度の高いモデレータです。

昨年のCOP10、そして国連で採択された日本の市民提案でもある「国連生物多様性の10年」が今年から2020年まで取組む事になり、スタートの今年は「国際森林年」でもある。生物多様性条約は地球の自然資源を守るルール、私たち「地球市民の生活基本法」とも言え、この「国際条約と暮らしをつなぐ活動」がとても大切。しかし説明しようとすればするほど理屈っぽくなり、場合によっては説教くさくなってしまうので、今日はこの場でそんな事をわかりやすくやってみようという趣旨をまずは伝えて、そしてさらに、災害によって改めて日本の自然共生の暮らしを考える機会になったのは誰もが気づいている事ではないでしょうか、今日は段々ここに絞っていくお話にしてみようと思いますとして、お二人の活動を存分に語っていただきました。

そんな中で、清水さんからは日本中の森で活動していますが、特に災害地で木や森であそぶ子どもたちの活動、目がイキイキ、素敵なんですと言ったお話と、大塚さんの日本の伝統工芸に支えられた生活雑貨、日用品を海外にも販売していますが、今回この機会に改めて木の製品を意識的に探してみると本当に多くて驚いていますというお話がでてきて、さらに清水さんからは「生物多様性と子どもの森」キャンペンがもっともチカラを入れて行こうとしている、災害地のどんぐりを集めて全国の子ども達と一緒に2〜3年育苗して、災害地の子ども達とその苗で森づくりを行う「どんぐりプロジェクト(プロジェクトD)」の紹介もしてもらいました。それを受けて、こうやって考えると日本の暮らしは木の文化に支えられた「木のある暮らし」と言えるのではないでしょうかとつないで、グリーンウェイブの普及啓発に入っていきました。

生物多様性条約が誕生した5月22日を生物多様性の日として、午前10時に世界中で植樹を始めとした気付きのイベントを実施するように生物多様性条約事務局が呼びかけて日本も環境省、林野庁が協力して実施を呼びかけています。今日のここでのお話を踏まえると、「日本のグリーンウェイブは木の暮らし文化を再認識する事ですね」とまとめて、ステージにジョグラフ事務局長をお招きしました。

ジョグラフ事務局長からは日本の自然との共生という文化によってもう一度、生物多様性の重要性を考えて欲しいと言ったお話、そして何よりプロジェクトDを絶賛してくださって、さらに予定にはまったくなかったCEPAジャパンの活動に敬意を表するとまで言ってくださいました。思わず感謝でステージで握手。

これを受けて僕からは、世界中を股にかけて活動の現場に足を運び生物多様性の重要性を普及啓発し続けるジョグラフさんのメッセージは、プロジェクトDを始め日本各地で行われている森づくりや郷土愛に支えられた活動に賛同してくださっていると受け止めることができますね、そう考えるととかく環境活動をしていると自分が疲れてしまう事もあるけれど、こうして世界中で活動を続けるジョグラフさんのエネルギーを見習って、まだまだ頑張ろうという気持ちになりましたね!とくくりました。

そして生物多様性と子どもの森のブースにジョグラフさんをお招きして、グリーンウェイブを呼びかけるビデオインタビューを行いました。最後にジョグラフさんに来年の5月22日はどこの国でグリーンウェイブに参加されますか?とお聞きしたら、「Japan!」素敵な人ですね。

そしてエコプロダクツ展会場を後にして大手町の経団連会館に駆け込み、生物多様性民間参画パートナーシップ第1回会合のパネラーとして登壇しました。モデレータの涌井史郎さんの予定のないお題目「バックキャスト」「システム」「規制」に、前もって用意してしまっていたプレゼンデータを使って「バックキャストのための思考の整理」「モニタリング調査をパートナーシップのシステムとしていくためのワーキンググループの提案」としてお話してみました。ちょっと苦しかったかなと思いつつ、しかし経団連の西堤さん、名古屋私大の香坂さん、環境省の牛場さん、国土緑化推進の梶谷さんと顔なじみの皆さんとのパネルは楽しく過ごさせていただきました。感謝。そしてそのまま東京駅に駆け込んで新幹線と北陸本線を乗り着いて金沢駅に辿り着きました。


_YA11172.jpg
環境コミュニケーションステージ


_YA11196.jpg
フォトセッション
(写真はいずれも主催者からご提供いただきました)


posted by 川廷昌弘 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする