2011年12月11日

皆既月食

もしかしたら生まれて初めての体験だったかも知れないと思い返しています。

23時ごろ、藤沢郊外の里山の田んぼの中に車を止めて道路に大の字になって欠けていく月を見上げながら撮影をしました。無風で寒さを強く感じないなか、曇りがちでうす雲をすかすように光る月が段々欠けていき、完全に欠けて赤い月に変化し始めると急に北風が吹き始め、上空の雲が一掃されて星空に赤い月が浮かび上がりました。体がどんどん冷えて来てたまらず車に入りましたが、何とも不思議な体験。

この時代ですらこうして皆既月食を待ち受けてもなお、不思議な体験と刻まれるのですから、昔の人は満月のはずなのに急に月が欠けたと思ったら、真っ赤な満月になってしまって、天変地異のお告げだと思わない人はいなかったのではないかと。思い返せば今年の様々な出来事もつながって思い返され、自分も宇宙の欠片である巡り合わせを事を考え込む、そんな皆既月食でした。


IMG_2150r25s.jpg
欠けていく満月


IMG_2201r10s.jpg
赤い満月

posted by 川廷昌弘 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする